風来爺のリターン日記

年間休日数55日の地味に苛酷気味なサラリーマンが、バイクにキャンプに釣りにとリターンするブログです。Twitter @furaijie

そうだ、漁港行こう ばんやさんで「まかない丼」

f:id:scrap1275:20200323125147j:plain

ばんや まかない丼

早朝3時起きでハート型の洞窟を満喫した風来爺。

朝からひたすら大量のコーヒーを摂取するハメにはなったものの、それ以外は何一つ口にしていません。

そろそろ空腹もピークです。

 

ここまでのお話はこちら↓↓↓

www.furaijie.com

 

濃溝の滝駐車場には食事もできる温泉施設「千寿の湯」があるものの、開店時間は10時30分

千葉の秘湯、源泉かけ流し|濃溝温泉 千寿の湯

「夜明け前に走った100キロで冷え切った体を温泉につかって暖めて、それからゆっくり朝ごはん」なんてプランが実現できれば最高ですが、さすがに2時間以上も待つだけのエネルギーは残っていません。

 

おもむろにスマホを取り出し、近場で早朝からやっている食堂なんかを検索します。

 

そうだなぁ。今日の気分は海鮮だな。

前回のツーリング「海を見に行く」ではスルーした、地魚料理なんかを食べたい気がする。

ここ、濃溝の滝からほど近く、しかも開店時間が一番早い店。

そんなお店はなかろうか?

 

と、ありました。

内房・鋸南の漁協直営食堂「ばんや」さん!

漁協直営食堂ばんや 〜房総沖で獲れた新鮮な海の幸〜

 

ここから30キロあまり。1時間弱です。

f:id:scrap1275:20200323125157j:plain

開店時間は9時30分。

多少の休憩をはさみながらのんびり走ればちょうど開店、という絶妙のタイミングです。

前回は海を見てから山で洋食、今回は山で洞窟を見てから海で魚介。

ここんところのツーリング、なんとも贅沢ですね。

即採用です。この計画。

 

房総スカイラインを南下し、長狭街道へ。

 

夜明け前の忍耐ツーリングから一転。

日も差してきて、ぽかぽか陽気で気持ちの良いお散歩です。

こういうツーリングには、やはり125がぴったりですね。

速すぎず、遅すぎず。

気持ちの良い回転数をキープして、山の中のワインディングと、ちょっと田舎といった風情の街道をトコトコ走ります。

これぞ春のツーリング。

 

目的地の保田漁港はもう目前、というタイミングで、道の駅の看板が目に入りました。

道の駅 保田小学校と書いてあります。

トイレ休憩がてら、ちょっと寄ってみましょう。

f:id:scrap1275:20200323133927j:plain

その名の通り、小学校を改装した道の駅。

校舎はガラスを多用した明るい雰囲気のモールに生まれ変わっていますし、体育館は大きなマルシェに利用されています。

食堂も充実しているし、お風呂まである。

宿泊もできるようです。

かなり楽しそうな道の駅です。

 

 到着したのは午前9時。ちょうど開店の時間でした。

でも今日は初志貫徹。

このまま目と鼻の先のばんやさんで、地場の魚介を食べることにしますよ。

ちょっとだけ中を徘徊したら、そそくさと駒を進めます。

 

f:id:scrap1275:20200323133836j:plain

到着!

www.banya-grp.jp

f:id:scrap1275:20200323133903j:plain

 

漁港ですね。

前回の九十九里とはまた違った、構造物に囲まれた人工的な海

東京湾で育った風来爺にはむしろ、こちらの海の方が親近感があります。

カモメが飛ぶ漁港、なんとも絵になります。

 

ともあれ、やっとご飯だ。

海鮮だ!!

 

開店直後のばんやさんに一番乗り

「お好きな席へどうぞ!」

とのお言葉に甘えて、お一人様なのに8人掛けのテーブルへ。

海側の一等地です。

 

お品書きにはキンメだの天ぷらだの、魅力的な料理の数々が並んでいます。

でも今日は、「おススメ」も「一番人気」もすべて無視して海鮮丼一択。

日替わりのお刺身が乗っかった海鮮丼、「まかない丼」をオーダーします。

待つこと数分・・・。

 

f:id:scrap1275:20200323125147j:plain

 

来ました。

まかない丼

 

お刺身をきれいに並べた余所行きの海鮮丼ではなく、「さぁ食え!」と言わんばかりにご飯の上にごそっと乗っけた大胆なビジュアル。

まさに「まかない」というネーミングにふさわしい。

ステキです。

 

醤油も置いてありますが、お刺身そのものにもすでにかかっているようです。

わさびだけで行ってみましょうか。

 

・・・。

!!!!!

 

こりゃうまい!!

お刺身は「漬け」といってもそれほど浸み浸みではなく、ほんのり味がついているくらい。

ご飯は軽めの酢飯ですね。

めちゃめちゃ美味しいです。

箸が勝手に進みます。

 

しまった。

お魚が多いので、ご飯が足りなくなってきちゃいました。

今日は朝が早かったし、あんまり満腹にしたら眠くなるかと思って大盛にしなかったんですよ。

もっと言えば、ほんとはさんが焼きかき揚げも食べたかったんだけど、帰りが危険!と思って我慢したんです。

でもやっぱ、せめてご飯は大盛にしてもらえばよかったかな。

 

もちろん、大食漢でなければ十分満足できる量ですよ。

それに、このバランスのままの方がお刺身たっぷり贅沢気分を味わえます。

普段の爺はお魚一切れ、お肉一切れで、ご飯を大量に掻き込む食生活を送っているので、ついついその癖が出ちゃっただけ。

 

ちなみにお値段、1,200円。

安さがウリのお店に比べたら勝ち目はないけど、このクオリティなら十分満足です。

ホントにおいしかった。

 

ちなみにこの保田漁港。

人工ですが温泉もありますし、宿泊もできるそう。

ツーリングの休憩スポットとしては申し分なし。

この辺り、やたら施設が充実しています。

 

さてさて、なんせ今日は午前3時半からのツーリング。

普段なら「まだまだこれから」という時間ですが、今日はこのままのんびり海沿いの道を流しながら家路につこうと思います。

 

あ、そうそう。

鋸南のあたり、まだまだ昨年の台風の爪痕がいたる所に残っておりました。

ブルーシートに覆われた屋根もちらほら見かけたし、漁港にはボランティア募集のポスターも。

また時々、ご飯でも食べに来よう。

今度はゆっくり、お風呂にも入ってみよう。

 

この日の走行距離は240キロ。

半日だけで、十二分に満たされたツーリングでした。

 

ソロでも楽しかったけど、できたら次回はマスツーで来たいなぁ。

え?なぜかって?

そりゃもちろん、いろいろ食べたいからですよ。

煮付け天ぷらさんが焼きも。

お一人様では頼める量はたかが知れてますからね。

 

あ、でもそうなるとビールも飲みたい。

ってそりゃ無理か。

仕方ない。ビールだけは諦めよう。