風来爺のリターン日記

年間休日数55日の地味に苛酷気味なサラリーマンが、バイクにキャンプに釣りにとリターンするブログです。Twitter @furaijie

【自販機探訪】鉄剣タロー 埼玉県行田市

鉄剣タロー

オートレストランフリークの間では、「聖地」として崇め奉られている(らしい)。

名店としてその名は幾度となく聞いていたものの、これまで訪れたことのなかった場所でした。

第3回目の自販機探訪はこちら、鉄剣タロー

初訪問の模様を綴りたいと思います。

 

f:id:scrap1275:20190627230308j:image

鉄剣タロー

埼玉県行田市下忍315-1

Google マップ

 

この日は所用で板橋からのスタート。

荒川沿いを延々と北上していくルートで約50キロです。

お店は国道17号沿いですね。

巨大な看板が目立ちます。

f:id:scrap1275:20190627230629j:image

広い!

聖地と言われるだけあって、そんじょそこらのオートレストランとはちょっと違います。

駐車場も大型トラックが余裕で停められる広さ。

中もなんか無駄に(失礼!)広い。

f:id:scrap1275:20190627231518j:image

そして壁には何やら前衛的なペイントが。

ダンス禁止の貼り紙があります。

見るからに若者がダンスの練習をしていそうなシチュエーションですもんね。

 

気になる自販機は定番のそば・うどん自販機とカップラーメン

f:id:scrap1275:20190627231604j:image

ハンバーガトーストサンド

f:id:scrap1275:20190627231630j:image

王道です。

これ以上ないくらいの王道

「オートレストランはこうあるべき」という、お手本のようなスタイル。

 

ゲームも多数。

そして稼働してないの筐体が多数、というところも王道。

f:id:scrap1275:20190627231825j:image

f:id:scrap1275:20190627231843j:image

 

カップラーメンはいいとして、うどん、ハンバーガー、トーストサンドを片っ端から食してみます

 

まずは天ぷらうどん。

300円です。

f:id:scrap1275:20190627232012j:image

f:id:scrap1275:20190627232019j:image

うどん自体は自販機ならではのモソモソした食感のもの。「あぁ、自販機のうどん食ってるなぁ」という実感の湧く模範的な良いうどん。

「自販機のうどんってどんなの?」というオートレストラン初心者の方に、自信を持ってオススメできる逸品です。

が、特筆すべきは天ぷら

かき揚のほか、イカ天芋天が入っていました。そしてこれがうまい。

小さいながらも、「値段の割に…」とかではなくしっかりおいしい。

ちなみに天ぷらは日によってタネが変わることもあるようです。と言われると、ちょいちょい食べに来たくなる気がします。

 

チーズバーガー、220円。

真っ当な自販機のそれですね。

f:id:scrap1275:20190627233542j:image

温め過ぎてシワシワになってるところも自販機バーガーらしくて素敵です。

f:id:scrap1275:20190627233628j:image

 

トーストサンド。

f:id:scrap1275:20190628085847j:image

ハムとマーガリンとマスタード、かな。

脂っ気が多めです。

最後に食べたからそう思ったのかな?

カリッと焼けてて香ばしいです。

これも220円。

 

f:id:scrap1275:20190628090330j:image

アイスクリーム自販機の横には貼り紙が。

なんでも、「故障していたこちらのアイス自販機を、相模原の中古タイヤ市場さんが直してくれた」とのこと。

素敵なエピソードですね。

 

ちなみにこの「中古タイヤ市場」さん、多数の昭和自販機をオーバーホールして設置している近年話題のスポットです。

ここから相模湖や宮ヶ瀬方面にツーリングに行くのも魅力的。

オートレストランフリークとしてはぜひ詣でたいところですね。

 

話が逸れました。

多くファンから愛されるこの鉄剣タロー

一言で表現すれば王道を行くオートレストランです。

「オートレストランってどんなところ?」

「一度行ってみたい」

なんて思っている方は、ぜひこちらを訪れてみることをオススメします。