風来爺のリターン日記

年間休日数55日の地味に苛酷気味なサラリーマンが、バイクにキャンプに釣りにとリターンするブログです。Twitter @furaijie Instagram @furaijie

Arai RAPIDE-NEO ラパイドネオを買った!

f:id:scrap1275:20201118214854j:image

「ラパイドネオのナンバーが欲しい!」

こう騒いでいたのはすでに1年以上も前の事でした。

時間が経つのは早いもんですね。

特に、歳を取ると・・・。

 

ライコランドさんや2りんかんさんなどのオートバイ用品専門店、さらにはアマゾン、楽天、Yahoo!ショッピングといったネットショップを徘徊し、どうしても見つからなくてアライさんにメールで問い合わせたのが去年の9月。

アライさんからの回答は「来春発売予定」という衝撃の内容でした。

 

落胆も束の間。

しばらくすると、欲しかったラパイドネオが店頭に並んでいるじゃないですか!

 

来春っていったい・・・。

そう思いながら手に取って見たわけですよ。

 

うーん。

やっぱりカッコいい。

こりゃタマらん。

 

でもね。

購入には至らなかったんです。

あれだけ欲しがってたのに。

なぜか。

 

確かにカッコいいんです。

めちゃめちゃ。

でもね。

カッコ良すぎちゃって、たぶん服装とかを選ぶんですよ

主張の強いグラフィックだから。

そして残念ながら私には、これをカッコよく身に付けられる自信がなかった。

 

そうやって踏ん切りが付かないまま月日が経って、また今年も「そろそろフルフェイスを・・・」と考えるようになったのが事の顛末。

が、今年もまた、気になるモデルが出ているじゃないですか。

 

それがSHOEIさんのグラムスター

ソリッドカラーもカッコいいし、リザレクションなんていうグラフィックモデルも魅力的じゃないですか!

「こりゃグラムスターのグラフィックモデルを待って、これとラパイドネオで選ぶかな」なんて、軽い気持ちでまた引き延ばしておりました。

と、そこへ。

思わぬところから、購入への強い後押し。

「安全のことを考えたら、フルフェイスを被ったら?」

 

普段は私の趣味に口を出すことがほとんどない妻。

『しかも「フルフェイスを―」なんて、どうしてまた?』

と思ったら、たまたまTwitterで「ジェットヘルで事故ると顎が削れるよ!」というツイートを見かけて不安になったんだとか。

なるほど、そういうことか。

 

ならば遠慮なく。

グラムスターとラパイドネオ、どっちを買うか選びに行きましょうか。

品揃えで言ったら、やっぱライコだな。

ライコランドさんへGO!

 

やはりありました。

グラムスターのリザレクションこそ並んでいませんでしたが、ソリッドカラーも十分カッコいい!

ラパイドネオに至っては、ナンバー以外のグラフィックモデルや見たことのなかったカラーのモデルも陳列されています。

さあ悩むか。

 

とりあえず、グラムスターとラパイドネオのMサイズを試着します。

ラパイドネオはぴったり。

グラムスターはちょっとキツい気がする・・・。

ってことで、今度はグラムスターのLサイズを試着。

今度はちょっと大きい。

サイズはあとで調整してもらえるから、ここは見た目の印象とかを重視して選んでもいいかもしれない。

 

ちなみに試着して印象に残ったのは、グラムスターの軽さ。ラパイドネオと比較しても、かなり軽いです。

私は今までヘルメットの重さを気にしたことがなかったんですが、これを重視する方ならここだけで判断材料になりそうなほどのがあります。

 

ちなみにお値段は似たり寄ったりでしたが、グラムスターはピンロックシートが標準装備ラパイドネオは別売りです。

 

私にとっては重さも価格も決め手とはならず。

カッコよさで言ったら甲乙つけがたい。

 

とはいえ二つは買えないので、最終的にAraiさんのラパイドネオを選びました。

f:id:scrap1275:20201118224255j:image

深みのあるマットな青。

クラシックブルーというソリッドカラーモデルです。

これならツーリングの服装とも合わせやすそう。

 

そしてフィッティング。

正直言って、ラパイドネオに関してはMサイズで全く違和感がなかったんですよ。

「痛いところも窮屈なところもないし、ゆるい感じもありません」

なのでそう答えたんです。

「では、まずは測ってみましょう」

ノギスのような器具で、頭のサイズを測る店員さん。

ここで衝撃の事実が発覚します。

「Lサイズを、超えている・・・」だと???

 

「かぶった感じ、ホントに痛くないですか?」

店員さん、ちょっと心配してくれています。

なんでも頭の前後長はLサイズの基準を2ミリほどオーバーしているんだそう。

でも、横幅はSサイズ・・・

今までちゃんとフィッティングをしてもらったことがなかったので、前後の長さを横幅で吸収して「Mサイズ!」ってことにしちゃってたんでしょうね。

ただ単に私が鈍感なだけっていうか・・・。

 

「じゃあ、今のサイズでインナーを合わせてみましょう」

店員さん、そう言ってテキパキとインナーを取り出します。

Lサイズの内装をベースに両サイドにパッドを追加。

しかも二重に。

これで前後長はLサイズ、横幅はSサイズにするってことか。

なるほどね。

 

「これでどうですか?」

うん。いい感じ。

ジャストサイズです。

でも実は、本音を言うと、あまり変化が分からなかったです。

すみません。鈍感で・・・。

 

とはいえこのフィッティングサービス

絶対やってもらった方がいいです。

今回のように試着だけではそれほど明確な違いは体感できなかったけれども、実際にツーリングに行って長時間に渡ってかぶったら、もしかしたら最初のままでは違和感が生じたかもしれない。

それに、これから先も「なんか合わないなぁ」と感じたら、何度でも再調整に応じてくれるそう。

これは心強い。

 

ヘルメットなんて安い買い物ではないから、こういうサービスが充実したお店で買いたいですね。

一応ネットショッピングのリンクも貼っておきますが、購入の際はぜひフィッティングサービスのある実店舗へ!

 

大満足で「コレでおっけいです。ありがとうございます」と言った私に、さらにダメ押し

「オプションでガラスコーディングもできますよ。いかがですか?」

ガラスコーティング、だと?

 

なんでも傷が付きにくくなり、効果は10年くらい続くとのこと。新築戸建のフロアコーティングみたいなもんか。

お値段は4,400円です。

「色が変わったり、ピカピカになったりしたら嫌だなぁ」と思ったんですが、外観にはほとんど影響は出ないそう。

じゃあ、お願いします。

 

ちなみにシールドは別料金で、1,100円

本体のお値段と比較すると、シールドのコーティングは割高です。

おまけに私は「シールドは消耗品」的に捉えているので、コーティングはいいや。

ヘルメット本体のコーティングだけお願いします。

 

施工時間は1時間ほど。

すぐに持って帰れますが、1週間くらいは水に濡らしたりはNGだそうです。

ご注意を。

 

と、ここまで至れり尽くせりのサービスで手に入れた、念願のフルフェイスヘルメット。

Arai ラパイドネオ。

次のツーリングが楽しみだ。

 

Arai RAPIDE NEO(ラパイド・ネオ) フルフェイスヘルメット
by カエレバ