風来爺のリターン日記

年間休日数55日の地味に苛酷気味なサラリーマンが、バイクにキャンプに釣りにとリターンするブログです。Twitter @furaijie

BAREBONES お洒落なLEDランタンを買った

f:id:scrap1275:20200829225445j:image

 

LEDランタンが、わずか1年半で壊れてしまった。

光量が極端に落ちる症状。つまりLEDの寿命です。

 

確か500円くらいだった格安ランタン。

f:id:scrap1275:20200829202727j:image

コンパクトに収納できて使い勝手が良かったんだけど、同じものを買うのはちょっとだけ癪。

なのでこの際、ちょっと奮発してお洒落なLEDランタンを購入することにします。

 

BAREBONES ビーコンライト

 

ベアボーンズ リビング Barebones Living ビーコンライト LED ランタン アウトドア キャンプ ライト
by カエレバ

タイミングによって多少の価格変動があるようですが、私は6,000円くらいでした。

前のランタンの12倍!

 

ランタンはプリムスの2245があるので事足りてはいるんですが、やはり手軽に使える電気のものは一つは持っておきたい。

趣味だけに特化してしまえば、「真鍮製のマイナーランプなんかが欲しいなぁ」とも思っていたんです。

マントルを使わないオイルキャンドルのランタンは、それがあるだけでサイトの雰囲気を格段に素敵にしてくれますからね。

ですが、実際キャンプで使うことを考えると、必要な燃料の種類を増やすのはあまり得策ではない。

テント内でも怯むことなく使え、持ち運びにも気を使わなくて済むと言ったら、結局LEDランタンの右に出るものはいません。

 

ならばこの際、LEDランタンそのものをお洒落なものにしてやろうじゃないですか。

もちろんプリムスは併用する前提で。

で、選んだのがこいつです。

f:id:scrap1275:20200829225905j:image

 

多少お値段は張りましたが、その分前のものとは段違いの質感。

充電式だし、光量も十分です。

f:id:scrap1275:20200829230033j:image

実は調達が楽な単3あたりの乾電池式も捨て難いんですけどね。

 

数あるキャンプ道具の中でも、ストーブとランタンはかなり深い沼。ハマると抜け出せない部類です。

一口にランタンと言っても形式によって灯りの質がぜんぜん違うし、それ自体の造形がウットリするほど美しいものが数多くあるし。

暗い部屋でランタンを灯しているだけで、うふふふふってなるくらいです。

 

でも、これからキャンプを始めようとする方、特にバイクで行こうと思っている方やソロがメインの方は、まずはLEDランタンを一つ入手することをおススメします。

間違ってもガソリンのツーマントルだとか、ましてやペトロマックスなんかを買ってはいけません。

道具としては魅力は最高ですが、そこからスタートしちゃうとキャンプ自体のハードルが高くなっちゃいますよ!

 

まずは簡単に使えるものを一つキープした上で、そこからご自身の趣味嗜好に合わせてキャンドルを追加するも良し、メインの光源をツーマントルにするも良し。

バラして掃除するのが楽しくなったら、すでにあなたは道具の沼にどっぷり肩まで浸かっていることでしょう。