風来爺のリターン日記

年間休日数55日の地味に苛酷気味なサラリーマンが、バイクにキャンプに釣りにとリターンするブログです。Twitter @furaijie Instagram @furaijie

房総を南へ ソロキャンプツーリング 【前編】

f:id:scrap1275:20201113111703j:image

我が相棒GN125-2F以外の乗り物を一切所有していない私にとって、好むと好まざるとに関わらずキャンプと言ったらイコール、キャンプツーリングになります。

キャンプもツーリングも大好きな趣味だから全く問題ない、はずなんですが、実は手放しで喜べない事情も少し。タンデムシートにキャンプ道具を満載して走ると、あっという間にお尻が痛くなるんです。

許容できる範囲はせいぜい数十キロ

おまけに重い荷物を積み上げたGNではやはり安定感に欠けるので、純粋にツーリングを楽しむ事にはちょっとした不満が残る。

でもやはり、キャンプだからと言ってツーリングを諦めたくはない!

という事で、後ろの荷物を両サイドに分散させるべく禁断のサイドバッグに手を出したのは前回のブログでお伝えした通り。

今回はキャンプ道具満載仕様のGNで初めてのキャンプツーリングです。

 

向かうは南房総

行ってきます。

オレンジ村オートキャンプ場!

 

 自宅からの道のり、120キロ余り。

この距離に気後れして訪れていなかったキャンプ場です。

しかし、寒さが増すこれからの季節。

温暖な南房総エリアはキャンプ地候補として外す訳にはいきません。 

 

さぁ行こうGNくん。

新しい装備でちょっと長旅!

 

午前9時。

キャンプ道具一式を詰め込んだサイドバッグ&ボストンバックを相棒に括り付けて出発します。

f:id:scrap1275:20201113104825j:image

悩みに悩んで買ったドッペルギャンガーのターポリンサイドバッグは、GNに付けると予想通りギリギリの大きさ。

ウインカーをナンバーステーに移設したおかげで何とか収まっています。

これに合わせて新調したタンデムシートのボストンバッグは奥行きが6センチも短くなったため、それだけお尻のスペースが広くなってとても快適です。

 

まずは市川・船橋の市街地を抜けて千葉の湾岸を目指すいつものルート。

多少の渋滞を覚悟してきましたが、時間帯のお陰かスムースに流れます。

姉崎から国道6号を外れて久留里街道へ。

しばらく走ると景色はビルから山々に。

君津市に入れば、ツーリングに相応しいワインディングが待っています。

とは言えそこは三桁国道

極端に道幅の狭い山の中を走る羽目になりますから、スピードは控えめに。

f:id:scrap1275:20201113231135j:image

国道410号をひたすら南下。

狭隘で、かつアップダウンの激しい山道が続きます。

4速、3速とシフトダウン。

ちょっと高めの回転数をキープして、のんびり流すいつものツーリングとは違った元気なGNを堪能します。

この楽しさも、小排気量ならではですね。

 

軽快な走りを存分に満喫できるのも、サイドバッグ様々です。

普段ならすでに座りが悪くなってくる頃ですが、今日は大丈夫。やはり後ろのバッグを小さくした効果は絶大ですね。

 

そろそろお昼。

途中で良さそうな食堂があったら入ろうかと思っていたけれど、あまりの楽しさでついついスルー。

休憩もほどほどに、13時半。

あら、着いちゃいました。

オレンジ村オートキャンプ場!

f:id:scrap1275:20201113122042j:image

 

トップケースが空いているから途中で買い出ししようと思っていたけど、まぁいいや。

まずは設営を済ませて、身軽なGNを満喫しがてらもう一度出よう。

 

受付を済ませて、ぐるっとキャンプ場を一周。

丘の上の第1キャンプ場は景色が良いけど、風が吹いたら大変そう。

今回は一番奥の第2キャンプ場を選びます。

他のテントとちょっと距離の離れた場所に設営。

毎回毎回同じような装備で同じようにテントを張るから、どのキャンプ場でも全く変わり映えのない写真です。

ちょっとだけ自虐的に笑う。

f:id:scrap1275:20201113165037j:image

 

買い出しは4〜5キロ先のスーパー、おどやへ。

房総フラワーラインに出て、海沿いを南下します。

これは最高!!

極上のツーリングルートです。

f:id:scrap1275:20201113202221j:image

決めた。

戻ったらすぐ薪割りして、のんびりと焚き火ビールを楽しもう。

今日はこのままひたすらキャンプを楽しむ日

明日は房総半島の最南端を目指して、海沿いを時計回りにぐるっと回ろう。

そう、明日はツーリングの日

今日のお尻の感じなら、たぶん距離を走っても大丈夫。

 

火を起こして、一人の宴を始めます。

f:id:scrap1275:20201113202457j:image

日が落ちると途端に冷え込んで、とても11月とは思えない寒さ。

吐く息も真っ白です。

誰だ、「温暖な・・・」とか言ったやつ。

f:id:scrap1275:20201113202502j:image
f:id:scrap1275:20201113202453j:image

テントの中をランタンで少し暖めて、ほろ酔いで寝袋に潜り込みます。

寒っ!!

今日は完全に冬装備の日だったか!

失敗した。

これじゃ寒くて眠れない。

 

なんて思っていたら、知らないうちに眠りに落ちていましたよ。

そりゃもう、ぐっすりと。

 

後編へ続きます。