風来爺のリターン日記

年間休日数55日の地味に苛酷気味なサラリーマンが、バイクにキャンプに釣りにとリターンするブログです。Twitter @furaijie

初冬のキャンプツーリング グルキャンにもデビュー

f:id:scrap1275:20191213085134j:image

冷え込みが厳しくなってきた12月初旬。

前から行こう行こうと話していたGN仲間3人で、キャンプツーリングに行ってきました。

これまでキャンプはソロばかりだったので、実はグループでのキャンプはほとんど経験がありません。

しかもみんな、キャンプ慣れしたメンバーばかり。

事前に話を聞いていると、皆さん装備も充実しています。

クッカー焚き火台はもちろん、タープも持って来てくれるそう。

焚き火台なんかいくつもは要らないので、早々に持って行かないと決意。

「こりゃ自分のテントと寝袋以外は何も持って行かなくてもいいんではなかろうか」と思いましたが、さすがにシングルバーナーとランタン、クッカーくらいは持って行くことにしましょうか。

 

なんせGNに積める量なんてたかがしれてます。

積める荷物に限りがあるから、自分の防寒対策に照準を絞って積荷を厳選。今回は新しい寝袋を試してみるくらいで、いつもの定番アイテムに防寒着だけちょっと充実させて、そそくさとパッキング終了です。

買ってから一度も使っていない焚き火台、残念ながら今回は出番なしです。

 

冬場のキャンプといえば、ホントは分厚いアルミマットなんかがあるといいんですけどね。一番ツラい地面からの冷気を遮断してくれるので、テント内の防寒に役立ちます。

でもこいつ、あまりに嵩張るのでGNじゃ難しそう(~_~;)

耐えられないくらい寒かったら、最悪バイク用スーツのプロテクターを外して着込めばいいか。

 

まずはいつもの集合場所、道の駅庄和を目指します。

すでにhalさんがスタンバイ。

目を見張るほどコンパクトな荷物です。

一方らんぼーさんのVストロームは、日本一周でもしそうな勢いの積載ですよ。とても1泊のキャンプとは思えません。

いやこれ、あたしゃ手ぶらで来ても良かったかな(笑)

 

快調なペースで千葉県を抜け、茨城へ。

この辺りはバイク以外でもよく使う勝手知ったる道なので、私が先導で気持ちよく走らせてもらいます。

お腹が空いてきましたが、大洗まで我慢。

せっかく魚介の美味しい港町に行くのに、途中でお腹を膨らましちゃったらもったいないですからね。

 

到着!

f:id:scrap1275:20191216090818j:image

こちら、「幕末と明治の博物館」で受付をしましょう。

え?

ダメ?

定休日???

 

大洗キャンプ場、定休日でした。

泊まれませんorz

正確に言うと翌日が定休日だったんですが、前日もキャンプ利用はできないそう。

3人いて、誰も確認していませんでした(笑)

私も何度もホームページを見てニヤニヤしてたんですけどね。水曜定休って文字は全く目に入っていませんでしたよ。

まぁしゃあない。

 

気を取り直してキャンプ場を探します。

ネットで検索して、片っ端から電話します。

が、全然見つからない。

ここと同様に定休日絡みでNGだったり、そもそも当日予約ができなかったり。

ならばこの際、つくば辺りまで移動しちゃいましょうか。

前から行ってみたかった、つくば豊里ゆかりの森キャンプ場

「16時までに受付できればOKですよ!」とのこと。

 

今は14時過ぎ。

大洗から1時間ちょいなので、十分間に合いそうです。

念には念を入れて、Vストに乗るらんぼーさんが高速をひとっ走りして、先に受付を済ませることに。

GN組は下道でのんびり追い掛けます。

これなら安心。

では、気を取り直して行きましょう。

 

f:id:scrap1275:20191216123018j:image

 

到着!今度こそ。

このサイト、バイクの乗り入れができるんです。

これは嬉しい!

テントに横付けで設営します。

f:id:scrap1275:20191216125659j:image

f:id:scrap1275:20191216123138j:image

あっという間に真っ暗。

間に合って良かった!

f:id:scrap1275:20191216123211j:image

 

おー!豪華!

やはりタープがあるとリビング感が違いますね。

ソロキャンとは一味違うゴージャスさ加減です。

もう、ご飯の支度もらんぼーさんに全てお任せ。

 

はらこ飯

f:id:scrap1275:20191216123403j:image

 

水炊き!

f:id:scrap1275:20191216123443j:image

 

肉も焼きますよ。

f:id:scrap1275:20191216123505j:image

 

うーん、素晴らしい!!

f:id:scrap1275:20191216123521j:image

 

こんなに豪華な食卓なのに、アルコールは私だけ。

ビールとコーラで乾杯!

 

ふぅ。

食った。

もう食えん。

ホントにお腹いっぱい。

らんぼーさん、料理うまい。

 

f:id:scrap1275:20191216123621j:image

焚き火を眺めながら、ダラダラ過ごすひと時。

キャンプの醍醐味ですよね。

これが好きだから、やはりキャンプはちょっと寒い時期の方がいい。

バイク談義に花が咲きます。

 

そろそろ寝ましょうか。

f:id:scrap1275:20191216123811j:image

今回はちょっと厚手のマットを1枚追加。

なんせ冬のテント泊では、地面からの冷気が一番の大敵です。

この日はそれほど寒くなかったので大丈夫でしたが、もっと寒くなったら寝袋2枚重ねで、なおかつさらに分厚いマットがないと厳しいかな。

暖かい日で良かった。

気持ち良く眠りにつきました。

zzzzzzzz・・・。

 

おはようございます。

さぁ朝ご飯。

前日はなーんも働かなかったので、目ん玉くらい焼きますか。

f:id:scrap1275:20191216124139j:image

 

あ、そうそう。

前夜のうちから仕込んでおいた玉ねぎスープも美味しくできたのに、写真撮るの忘れちゃった。

朝ご飯は目玉焼きと玉ねぎスープ、クロワッサン。

キャンプらしい、良い食卓。

 

撤収も3人だとあっという間ですね。

グルキャン、恐るべし。

 

つくばまで戻ってきてしまったので、ここから道の駅庄和までは40キロほど。楽々です。

f:id:scrap1275:20191216130207j:image

お疲れさまでした!

 

いやぁ、ホントに楽しかった。

ソロキャンプツーリングももちろん楽しいけど、グルキャンはまた違った楽しみがありますね。

また行こう。

 

走行距離は260キロ。

ツーリングとしては短いものの、充実したキャンプでしたよ。

キャンプ場でのんびりすることを考えたら、キャンツーは近場が正解かな。